バイクリストへ戻る   運営者情報   

BMW R100RS
1982 年式

車検
29年10月
走行
79,872Km 備考 オーバーホール済、純正ナビ、ETC付

長さ
2240mm
790mm
高さ
1330mm
重量
230kg
排気量
980cc

取材日2017年 4月

BMW R100RSは1976年から市販され、当時は高速ロングツアラーとしての性格が与えられていました。しかも、BMWが世界に誇るレーシングマシンと同じ、『レンシュポルト』の名が与えられた最高峰のモデルでした。

本車に搭載されるエンジンは、BMW伝統の空冷4サイクル水平対向の2気筒OHV型(フラットツイン)であり、この長い年月をかけて熟成されてきたエンジンは、超ショートストローク型として開発されました。具体的に最高出力を発生する7,250rpm時にピストンスピードが17.1m/秒となります。


さらにこのエンジンの最高出力は、圧縮比9.5から70ps(7,250rpm時)を絞り出し、最大トルクは 7.7kg-m(5,500rpm時)を発生し、最高時速200Km 0〜400m加速13.3秒の性能を発揮します。
この値は後年再生産されたモノショックのR100RSに対して10psのアドバンテージがあります。

これらのことから、一般道では通常これほど高回転で使用されることがありませんので、余裕ある高い耐久性を持ち、発売から40年を経た今の交通の流れに対しても十分な走行性能を持っています。

一方、R100RSでは、量産車としては初めてFRP製のフルカウリングとキャストホイールが採用されました。 フルカウリングは著名なハンス・ムートのデザインです。とりわけライダーの保護は勿論のこと、空気抵抗の減少やフロント部分にダウンフォースを与える役目まで持っています。このデザインされたフロントカウリングの重量は9.5kgたらずです。

キャストホイールは当時一般的だったスポークホイールに較べ剛性が高く、整備性も良いなどの利点を持っていました。これらの装備はBMWの目指す、安全で高品質な製品造りにふさわしいものです。



オーナーさんは、H16年9月に、BMWモトラッドの正規ディーラーである羽田ホンダ販売(東京都)から中古車を購入、車検を同社に依頼しています。H16年10月、車検時の走行距離は70,068Kmです。


当時の整備記録簿にはバッテリー、エンジンオイル、ブレーキフルード交換の記載があります。

同社で管理されていたバイクなので前オーナーさんの車歴も残っていました。 平成13年11月(走行距離50、380Km)から平成15年6月まで、8枚の整備明細があります。前オーナーさんの話しではH13年くらいに燃料タンク内をリフレッシュしているそうです。



購入後の、全ての整備作業は、基本的にBMWモトラッドディーラーでおこなっています。ただし一度だけディーラー以外のツェーロン(山形県)というショップで車検を通したことがあります。しかしツェーロンの店主は、元村山モータースというディーラーのメカニックだったので、作業に間違いはありませんでした。




【 レストアについて 】


最初のレストアはシュパンダウ(山形県)というディーラーに依頼しましたが作業の途中で倒産してしまい、BMWモトラッドの紹介から引き継いだモトライヴ・オーツー(宮城県)が完成させました。作業期間はH15年〜H16年くらいでした。

主な作業内容は
*フレーム、センタースタンド、グラブバー及び外装一式塗装(外注先:パウダーコーティング・カトー(愛知県))

*フロントフォークのフルメンテナンス、MEダンピングチューニング、インナーパイプチタンコーティング(ゴールド)及びケース類の紛体塗装仕上げ(外注先:スクーデリアオクムラ(愛知県),セッティングデータあり)

*前後ホイール塗装(外注先:カドワキコーティング(神奈川県))


*リヤサスをオーリンズに交換、その他部品・多数を交換。
シュパンダウでの作業はここまでです。

保存してある請求明細書・納品書をざっと合計すると51万を超えました。
レストアはモトライヴ・オーツー(宮城県)へと続きます。


*塗装済の車体組み立て、ミッションへキックペダル取付、ブレーキホース(メッシュ)、および前後タイヤ交換、その他、請求明細書3枚で34万です(モトライヴ・オーツーからの請求金額)。


ここまでが、初期レストアになります。

(本文に記載のレストア内容、及び、整備記録は書類を保管してあり、次のオーナー様へ引き継ぎます。)



【 その後の整備記録を記載します 】



【H18年10月】京都モータークラブ(京都府)にて車検、エンジンオイル他、油脂類交換、その他整備(納品書2枚)

*ミッションのオーバーホールをしていますが、その時の伝票は紛失したようです。


【H19年9月】京都モータークラブ(京都府)にてオイル交換、イグニッションケーブル、その他の部品交換、ETC取付とセットアップ(ETC車載機はJRM-11)


【H23年7月】ツェーロン(山形県)にて、車検、メインハーネス、レギュレーター、バッテリー交換などの関連部品多数を交換、明細伝票2枚以上の内容。




【 最近のレストアについて 】



福田モータース商会(東京)にてナビゲーターを取り付けたり、エンジン腰上オーバーホールやホイールの再塗装などをしたりして、今のバイクの形に仕上がりました。


*当時のオプションパーツであるシングルシートをシートジョイ(静岡県)でフルレストアしています。内容は、鉄製のベースをサンドブラストの後に再塗装、スポンジ全交換、表皮張り替え。本車シングルシートはレアアイテムの一つです。しかも、本シートの泣き所である鉄製のベースはとても錆やすいため、再塗装済みであれば今後の維持も楽です。


【H23年9月】福田モータース商会(東京都)にて点検、ジェネレータ コイル巻き直し修理、フロントウインドスクリーン(クリア)新品に交換。


【H24年10月】福田モータース商会(東京都)にて、点検、ナビのステーを加工調整、その他。


【H25年11月】福田モータース商会(東京都)にて、車検、エンジン腰上OHや、前後サスをスクーデリアオクムラ(愛知県)にてOH、ファイナルギヤのオイル漏れ修理


*スクーデリアオクムラにてサスOH時のセッティングデータあり。フロントマルゾッキ36φ、オーリンズリヤショック.


【H26年4月】福田モータース商会(東京都)にて、ヘッドOH後初回点検、バルブクリアランス調整、サイドスタンド(イギリス製)取付、オイル交換等。

*オリジナルのサイドスタンドは、脚長のドイル人向けに作ってあるため、かけにくいことが定評です。その対策用のサイドスタンド(イギリス製)が取り付けてあります。


【H26年11月】福田モータース商会(東京都)にて、クラッチプレート交換、フォグランプ(PIAA H3 12V35W)取付、オイル交換等。


*フォグランプはメインライトの光量不足を補うために取り付けてあります。 夜間の雨天走行でとても役立つそうです。


【H27年10月】福田モータース商会(東京都)にて、車検、ホイールの再塗装(塗装は外注)、ナビ(BMWモトラッド純正ナビのNavigatoer V) 取付、ミッションとファイナルを含む油脂類交換、バルブクリアランス調整、キャブレター調整その他。


*ナビを取り付けるクレードルには、ツラーテック製の盗難防止用のマウントが装備されています。


オイル交換は2,000km毎に交換しているそうです、事故歴はありません。


フレーム番号とエンジン番号は同一です。


オーナーさんがお持ちの車検用ダブルシートやリアブレーキランプなどの純正部品が数点ありますが、こちらもお譲りします。


このように、一貫して正規ディーラーでメンテナンスを受けている車両なので、機能的には全く心配な部分がありません。しばらくは消耗品の交換程度で楽しむことができると思います。


走行距離が7万Kmを超えていますが、BMW製フラットツインを搭載するバイクにとっては、最盛期というところでしょうか。


世界的にみてもR100RSの愛好者が大勢いますので、現在でも、重要な部品が供給されているという稀有なバイクです。


外観を見るとすばらしくキレイにレストアされています、往年の名車を引き継いで大事にしてください。


ナビとETCはそのままお譲りします、パニアケースも左右装備していますのでロングツーリングをお楽しみください。



車両は京都府にあります。
個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。



   販売価格 99万円


動画を見るには中央の三角印をクリックして下さい。
エンジン音からも調子の良さが分かります。




動画を全画面で見るには、画面右下に現れる"設定"から"画質"HDを指定した後で"全画面"にします




・PIAA製 フォグランプを左右に装備

・インナーパイプはチタンコート処理済,オクムラにて


・ナビホルダーV2ロック付

・BMW純正ナビ(ZUMO770)2015年10月取付

・リヤサスはオーリンズに交換しています

・オーリンズも最近OHしています

・ふだん見えない部分もきれいです。

・ETC車載器 JRM-11


・車台番号です(目隠しを入れてあります)

・燃料タンク口金もきれいです、赤色は防錆処理。

・純正部品を使用しています


大きな写真はこちらからダウンロードしてご覧下さい

(zip形式の圧縮ファイル、4.2MB)
「170430_r100rs.zip」ファイルをダウンロードする


この車両のお問い合わせは
エンスーの杜 京都・兵庫
TEL 090-3267-3222(秋月)

またはEメール↓にて
エンスーの杜 バイク問い合わせ


Copyright (C) Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.