バイクリスト(BSA)へ戻る   運営者情報   

BSA DBD34 ゴールドスター
1962 年式

車検
切れ
走行
6,804mile 備考 並行輸入車・初年度登録:平成6年2月

長さ
215cm
73cm
高さ
111cm
重量
180kg
排気量
500cc

取材日2018年 7月

【BSA DBD34 ゴールドスター に関して】

BSAの歴史は古く、始まりは17世紀まで遡ります。バーミンガムで選りすぐりの鉄砲職人から始まった製銃業は、軍需によって拡大し、1861年にバーミンガム・スモール・アームズ株式会社が誕生。当時、欧州最大規模の製銃工場を持つ大会社でした。その後、民需にもビジネスを広げるために、自転車の製造を始め、鉄砲鍛治の高い技術と生産力で、自転車の部品メーカーとしても成功し、その流れからオートバイの生産も始まり、BSAは英国を代表する二輪車メーカーに発展していきました。


【今回の掲載車について】

BSA DBD34 ゴールドスターは、イギリスの名門BSAが誇る不朽の名車です。
この車両は、ゴールドスターの本物です。しかも大変貴重なほぼノーマル車です。
 
 
 単車という言葉の由来は単気筒から来ていると言います。その単気筒の中でも世界的に名車と言われているのがこのゴールドスターです。
 
 
RRT2・クロスミッション、フルワイズ2LSフロントブレーキ等の希少で高額なパーツを装備しています。


スローが効くようにアマルのマーク2(38パイ)を装着済です。


ハンドルも乗り易くて格好が良いスワローハンドルに換装済です。


平成21年に車検が切れてからは、たまにエンジンを始動しています。取材時はバッテリー上がりでエンジン始動が出来ませんでした。見学時までには整備を終わらせる予定です。


整備は、行きつけの都内にあるお店に全て依頼しています。
ご希望であれば車検取得もできます。


尚、現状で成約を希望される場合には315万でお譲りできます。



【オーナーさんより一言】

近年、異常な高騰により海外では500万円を超すゴールドスターが珍しくありません。


今回の車両はその金額に匹敵する、いやそれ以上の程度の良さとオリジナル度を保っているゴールドスターです。


一生持っていたいと思い今まで維持してきましたが、駐車スペースによって惜譲することになりました。是非、大切にして下さる方にご検討頂ければ幸いです。



【バイク見聞録・取材担当者より】

 実際にオートバイの代名詞とも言える本物のゴールドスターをいったい何人の人間が見たことがあるでしょうか?
 
  ましてや所有するのは非常に難しいバイクです。それは、扱い難さや高額なためではなく、縁が無ければめぐり合うことすら不可能だからです。
 
 実物のゴールドスターがここに存在することにご理解を頂けたなら、是非、購入をご検討下さい!



【お問い合わせに際して】

車両は神奈川県にあります。

 記事内容はバイク見聞録の担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものです。

 したがって、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があります。記事内容に関しても全てバイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。

 状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合があります。

 掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。


【購入される場合】

車両代金のみで購入できます。
※個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレーム、ノーリターンとなります。



【車両価格】330万円   

動画を見るには中央の三角印をクリックして下さい。
音量にご注意ください。




動画を全画面で見るには、画面右下に現れる"設定"から"画質"HDを指定した後で"全画面"にします

大きな写真はこちらからダウンロードしてご覧下さい

(zip形式の圧縮ファイル、95MB)
「180706_goldstar.zip」ファイルをダウンロードする


この車両のお問い合わせは
バイク見聞録(本部)東京・千葉
TEL 080-5377-9414(イシイ)

またはEメール↓にて
バイク見聞録 車両問い合わせ


Copyright (C) Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.