バイクリストへ戻る   運営者情報   

ハーレーダビットソン XL1200C
2004 年式

車検
24年4月
走行
8,700km 付属品 ボディカバー、ETC、ツールキットタイヤロック、ワイヤーロック

長さ
2260mm
830mm
高さ
1140mm
重量
270kg
排気量
1200cc

更新日2012年1月

ハーレーダビットソンはご存じのとおりアメリカンスタイルのバイクです。
アメリカンスタイルの特長は、ロー&ロング、シート高が低く、フロントフォークは長く、どっしりとした重厚感のあるワイルドなイメージ。
そしてハーレーと聞くと私の頭の中には「アメリカンポリス」、映画の「イージーライダー」、「ワイルドセブン」のキーワードが浮かんできます・・・ちょっと古いですね。

でも最近は女性の方でも乗れる、豊富なパーツで自分流のハーレーを楽しむ、アメリカンスタイルのイメージは薄らいでいるようです。
ラインナップを見ても商品のデザインや特長によって5つのカテゴリー(ハーレーでは「ファミリー」と呼びます)に分かれ、現行の2010年モデルは37種類もあります。

さて、今回ご紹介するハーレーは2004年モデルのハーレーダビットソンXL1200Cです。
そしてすべてのパーツを純正パーツで組んだカスタムメイドモデルとなります。

その純正パーツは以下のとおりです。
■フロントウインドシールド
■クロム・エンジンガード
■スタンド・エクステンション
■LIVE TO RIDE ゴールド・ダービーカバー
■ラッゲージラック
■左右サイドバック(バック内にETC装備)
総額は約80万円です。

ボディは新車に近い状態です。特にメッキされたパーツは自然光によって輝き、まぶしいぐらいでした。
もちろん機関についてもグットコンディションを保っていらっしゃいます。

先月、車検を取得、そのときにオイル類およびバッテリーの交換を実施しています。

オーナーさん、「ハーレーは1200cc!」という拘りでXL1200を購入されたそうです。最初の1年はよくドライブ出かけたそうですが年々その距離は少なくなり、最近は年間500〜600km程度、
これではバイクのコンディションを保つにはよくないと判断され、バイク見聞録に掲載されることになりました。

購入されて約6年、トラブルは一切なかったそうです。
保管は屋根付きの車庫でボディカバーをかぶせていらっしゃいます。

盗難防止用としてイモビライザーが付いています。

■エンジンスペック
エンジン型式 :Evolution
エンジン種類 :空冷V型2気筒、OHV
燃料供給型式 :インジェクション
最大トルク(Nm/rpm) :88/3500
トランスミッション段数:5段

■タイヤサイズ
フロントタイヤ:MH90-21 M/C 54H
リヤタイヤ:150/80 B16 M/C 71H

車両は愛知県にあります。

個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントを基に作成したもので、
整備記録修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏付けを取ったものではありません。

                                         SOLDOUT



















 






このバイクはSOLDOUTです
エンスーの杜 愛岐オフィス 愛知、岐阜
TEL 090-4853-3008(浅川)

またはEメール↓にて
バイクについて問い合わせ


Copyright (C) 2012 Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.