バイクリストへ戻る   運営者情報   

ハーレー FXEF
1979 年式

車検
24年6月
走行
不明 備考

長さ
mm
mm
高さ
mm
重量
kg
排気量
1340cc

更新日2012年4月

FXの生い立ちは1971年に誕生した『FX1200スーパーグライド』です。
FL系のビッグツインエンジンとフレームに、XL系(スポーツスター)のフロントフォークを装着するスポーティなモデル。
ちなみに、この『FX』はメーカー初のファクトリーカスタムモデルであることを象徴しています。

FXは、当時主力車種であったFLHに次ぐ生産台数を誇り、新しいハーレーカテゴリを生み出すことになります。
FXシリーズの誕生についてウィリー・Gを抜きには語れません、1960年後半ハーレーは経営危機に陥り69年にAMF社(アメリカン・マシン・ファンドリー社)に買収されます、この買収でハーレーの創立者一族の多くが経営から退きましたが、残った人の中にハーレーの救世主とも言える人物がいました。その人物こそウィリー・G・ダビッドソン。
創設者の1人であるオールド・ビル・ダビッドソンの孫に当たる人物です。
ウィリー・Gは、71年に発表したFX1200スーパーグライド成功からの流れに乗り次々にヒット車輌を誕生させました。例えばローライダー、そしてファットボーイなどです。

 今回の取材車はオーナー様が四年程前、衝撃的にマッハVから乗り換えたバイクです。
1979年式FXEFカスタム 現在の姿はオーナーが購入後 土浦の専門店で仕上げたバイクです。

カスタム内容は
エンジン腰上オーバーホール
ハーネス引き直し
フロントフォーク39Φ キャリパー(ツインカム純正) ディスク(社外品)
サンダンスオイルタンク・オイルクーラー・リークレススラストスペアー
S&S オイルポンプ・キャブ
グリメカ フロントマスターシリンダー
オイルフィルター(エボ用)
オーリンズリアショック
VPクラッチ・プロクラッチ(非常に握りが軽いです!)
タコメーター・スピードメーター・ボルトメーター
ハンドルはローライダー純正
タンクはスポーツスター用にマッハVグレー色仕上げ
メガホンマフラー純正(希少価値)

純正メガホンマフラーから奏でるジェントルな音色、女性にも苦にならない程軽いクラッチレバーと、しなやかなオーリンズリアサス、安心できる純正キャリパーによる制動力。

ショベルエンジンながら快適に長距離クルーズが可能なバイクとなっております。

オーナー様の諸事情により苦渋の選択となりましたが、旧車をご理解出来る方をお待ちしております。

車両は茨城県にあります。
個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。


                                        SOLDOUT



















 






このバイクはSOLDOUT
バイク見聞録 北関東
TEL 080-5438-5357(内籐)

またはEメール↓にて
バイク見聞録 車両問い合わせ


Copyright (C) 2012 Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.