バイクリストへ戻る   運営者情報   

XLH883改1200 tribute by XR-1000
1988 年式

車検
29年12月
走行
8,589マイル 備考 フルオーバーホール済

長さ
2220mm
940mm
高さ
1160mm
重量
210kg
排気量
1200cc

取材日2017年 10月

XLH883改1200 tribute by XR1000は、
XR1000が欲しくて探しても、良い車両が見つからないので、レプリカを製作したものです。


XR1000は、ルシファーズハンマーがデイトナレースを走るのに市販車をベースにしなければならないという規定をクリアするために83年84年に一般販売された,いわゆるホモロゲモデルです。

エアクリーナーが2つ大きく張り出したキャブは右側に位置しマフラーは左側2本出し。
市販車で70馬力のパワーは、レースキットで90馬力を超えるそうです。

ショベルヘッドエンジン搭載ですが、その中身はアイアンショベルの腰下にファクトリーレーサーXR750の腰上を搭載したレーサーレプリカでした。その生産台数は1,777台にすぎません。
(バイク見聞録で、過去に売却したXR1000写真はこちら


こちらの、XLH883改1200 tribute by XR1000は、1988年式XLH883をフルオーバーホールする時に、依頼したレストアショップに本物のXR1000があったことから、レプリカを製作してもらいました。


全てのパーツをバラしてのオーバーホールです、フレームを塗装するか迷ったそうですが、程度が良かったので補修で済んだそうです。


まず目に付くのがK&Nのパワーフィルター2連とバンス&ハインズのフルエキゾーストです、バンスは現行タイプを使用しています。


メーターはアイアンスポーツ(ショベル)用。


フロントフォークは1200の物を流用、リヤはオーリンズ製リザーバータンク付をオクムラチューンしてあります。


製作過程は、ワンオフパーツを製作して取り付ける作業が多くなりました、個人経営のショップさんなので、マフラーを左側出しに変更するのは、難易度が高く製作期間が長くなり過ぎる事から、あきらめたそうです。


塗装には、50万円かけています。当時の雰囲気を重視して、新車の輝きを押さえて落ち着いた感じにしています。


現車は、フルレストアしています、タンク等の外装はきれいに塗装されて新品同様です。しかし、エンジン各部は年期を感じさせるヤレ具合を残しています、敢えてピカピカに磨くことはしていません。


レストアに際して、新車の様にする事もできますが、長年乗ってきた年季を感じる部分は残しておくのも良い選択だと思いました。


ETCが付いていますので、このままお譲りします。


整備・車検は練馬のハーレー専門店に依頼しています、ノーマルマフラーはありません。


ビデオを見ると分かるように、調子の良いバイクです、それもそのはずでレストア後の走行距離は少しです。しばらくは最小限のメンテナンスで維持できるXLHです。


屋内のバイク専用駐車場に保管していて、他のハーレーもあるので、駐車スペースの制約から売却するそうです。


このバイクは東京都内にあります。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。


170万円



動画を見るには中央の三角印をクリックして下さい。
エンジン音からも調子の良さが分かります。




動画を全画面で見るには、画面右下に現れる"設定"から"画質"HDを指定した後で"全画面"にします

大きな写真はこちらからダウンロードしてご覧下さい

(zip形式の圧縮ファイル、17.5MB)
「171024_xlh883_xr1000.zip」ファイルをダウンロードする


この車両のお問い合わせは
バイク見聞録(本部)東京・千葉
TEL 080-5377-9414(イシイ)

またはEメール↓にて
バイク見聞録 車両問い合わせ


Copyright (C) Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.