戻る

HONDA CBX1000 EU仕様 逆輸入車 1985 年式
車検
切れ
走行
24,365Km
備考
長さ
2320mm
780mm
高さ
1360mm
重量
272kg
排気量
1047cc

取材日 2003年 10月 31日 (更新)2004年 12月 07日

1966年ホンダが史上初の5クラス全制覇を成し遂げたときのRC166(250cc)。翌年、開幕5連勝を含む8戦中7勝と常勝のRC174(300cc)。いずれも並列空冷6気筒のエンジンを持ち、6気筒ならではの官能的なエキゾーストノートを奏で、強いホンダサウンドの象徴的なマシンでした。
CBXのルーツともいえる栄光のRCファクトリレーサーです。

1982年モデルのCBX1000 ヨーロッパ仕様の逆輸入車です。
ホンダはこれ以降、並列空冷6気筒モデルは作っていません。最後のモデルがこのCBXです。
CBXの後期型で、大型フェアリングを身に付け高速ロング・ツアラーにチェンジしたモデルです。

前期型に比べ、フロントフォーク・インナーチューブを大径化し、リアサスペンションもアルミスイングアーム&プロリンクのエアサスに変更、ブレーキもベンチレーテッドディスク&2POTキャリパーで足回りが強化されています。
メーターはジェット戦闘機の計器を基にデザインした物で、エキゾーストノートも”ジェット機のような・・・”と言われています。
最高出力は100Ps以上、トルクは8.5kgを発生するエンジン。ミッションは5速リターン式です。

現在のオーナさんが92年に購入。2オーナー目です。
車検のときに(H14年9月)以下のオーバーホールを行っています。
・キャブレター
・バルブクリアランス調整
・マフラー新品に交換

右側に立ちゴケが1回あります。
ボルトやワッシャーに年式相応のサビがありますが、手入れが行き届いていてきれいな状態です。
3,000キロ毎にオイル交換をしています。
バッテリー・タイヤ前後・ブレーキパッド前後はそろそろ交換が必要と思われます。

プラグコードがNGKレーシングケーブルに交換され、後付の盗難防止装置が付いている以外はノーマルの状態です。

主にツーリングでの使用です。(雨天走行あり)
近々に車を購入予定のため手放すそうです。

付属品をお付けいたします。
・新品のクランクケースカバー
・サービスマニュアル(前期・後期)
・パーツリスト(後期)
・バキュームゲージ
・エアサス調整用エアーポンプ

※取材後にシートの張替えを行いましたのできれいな状態です。

カバーを掛けて屋根下で保管されています。
休日などに走行するため走行キロは伸びます。

車両は東京国分寺市にあります。
個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。



                                                  SOLDOUT


 



 この車両のお問い合わせは
バイク見聞録。 本部
TEL/090-2451-1767(ヨシダ)

またはEメール↓にて
バイク見聞録。車両問い合わせ

Copyright (C) 2003 Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.