戻る

MOTO GUZZI Mille GT 1989 年式
車検
16年8月
走行
14,700Km
備考
使用中の為、走行距離は伸びます
長さ
2240mm
840mm
高さ
1180mm
重量
000kg
排気量
1000cc

取材日 2004年 6月 5日

モトグッチ ミレGTは、1987年、独での懐古ブームを背景にしたディーラーの要望により誕生した、大型ラインナップのベーシックモデルです。

エンジンは1000cc、当時のモトグッチの最大排気量ではありますが、バルブやキャブ径、吸排気セッティングなど、全て中低速向きでまとめられています。
モトグッチの特徴として良く言われる、高速域での圧倒的な存在感とは、一線を画した性格付です。
昨今の大排気量モデルでは軽視されがちな実用速度域で、マナーの良いハンドリングを有しており、今や希有なモデルと言えると思います。

年式は89年ですが、現オーナーが手に入れたのは97年です。
当時のオドメータは300km程で、ほとんど放置されていた、といったコンディションでした。これを、専門店でのメンテナンスと、実用本意のモディファイを施しつつ、現在まで使用してきました。

・ハンドルを交換。(ノーマルはドイツ人向けの、かなりのアップハンドル)
・モトグッチ純正のウンドシールドを装着。
・キャストホイールに交換。(タイヤのチューブレス化が目的)
・点火系をポイントに交換。(メンテナンスがラク、パーツ入手もし易い)
・シート張り替え。(寿命)

純正のスポークホイールも残してあります。ボルトオンで付きます。ご希望があれば、値段そのままでおつけします。
機械的コンディションは良好です。一発始動で、アイドリングも安定しています。
錆もほとんどありません。プラスチック部品のメッキのエージングだけは、年式相応です。

これまでトラブルは、細かいものまで含めて、一度もないそうです。
(モトグッチは壊れるバイクではありません。トラブルが多いのは、ハッキリ言ってしまいますが、ショップの腕が悪いからです。=オーナー談)

使用は、ほとんど近隣の散歩程度なので、走行距離は伸びていません。
モトグッチの耐久性は10万kmを遥かに超えるので、まだ慣らしが終わったあたり、といった所と思います。
タウンスピードでの扱い易さと、高速域までのストレスのない伸び、そして、そのまま、どこまでも走って行ける懐の深さ。真面目で現実的なオートバイです。
見栄や争いではなく、実直にオートバイを楽しみたい方にお勧めです。

エンジン始動の動画を取材しました、希望があれば送りますがファイルサイズが大きい(5MB)ので通信環境により送れない場合は御容赦願います。

個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。


                       SOLDOUT


バイク見聞録。 千葉
(イシイ)
Copyright (C) Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.