バイクリストへ戻る   運営者情報   

モトグッチ アイローネ 250
1951 年式

軽二輪
走行
距離不明 備考 返納済確認書有り

長さ
mm
mm
高さ
mm
重量
kg
排気量
250cc

更新日2011年 6月 SOLDOUT

モトグッチの歴史の中で1940年代から50年については、GPレースで勝利を欲しいままにした、黄金期といえるでしょう。

1951年はシングルエンジンのマシンがノートンマンクスなども含めて最速のマシンでありえた時代です、モトグッチはこの時代に最高に輝いていたイタリア製バイクメーカーです。

このMotoGuzzi 250 Airone は、シングルシリンダーエンジンがいわばレーサーレプリカそのものであった時代に造られたモデルであり、一見地味に見えるマシンですがシングルエンジンの黄金期、最後の完成されたモデルということができます。

モトグッチも1950年代を境にして後年は台頭する日本車やアメリカ市場を強く意識した量産モデルを中心としたメーカーに変わっていきます。レースから遠ざかったモトグッチでしたが、今見てもそのシングルモデルの先進性には驚かされます。

アイローネのフロントフォークはテレスコピック式です 油圧ダンパーではなく、スプリングにグリスを抵抗のために注入してあるもので、同年代の他社のサスペンションとは異なる倒立サスペンションを採用していることからも剛性を追求している先進性がうかがえます。(オイルシールは無し、漏れたら継ぎ足しする)

リヤサスについても、他社のマシンはリジッドか、せいぜいプランジャーサスペンションの時代なのにリアサスペンションをエンジンの下に備えて、摩擦式のダンパーを使用しています。

このマシンは複数のオーナーを経て手に入れたそうです、サドルシートは前席、後席ともにきれいです、タンクには、一部分塗装の下から膨らみができている箇所もありますのでレストアされていると思われます。

タンクの内部はキャップを開けて覗いたところではキレイで問題なさそうでした。

機能については車体・エンジンともに良好な状態です、ビデオを見ていただければ分かると思います。どこまでも走っていけそうな感じがします。

前回走行は西仙台ハイランドだとのことです、整備済の車両なので現状販売とします。

オーナーさんはバイク業界で有名な人です、このバイクを預かってメンテナンスしている人も業界で有名な人なので安心して購入できます。

購入後のアフターケアについてもお願いできますし、部品調達についても親身に相談に乗ってくれるという評判の良い人なので、関東以外の地区、あるいは外国にお住いの人にもおすすめできるバイクです。

売却理由は、バイクが多過ぎるので、整理する気になったからだそうです。

車両は東京都にあります。

個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。


                                         SOLDOUT



日本には10数台現存するようです(12月更新)
ベーコンスライサーが光ってます
リヤフェンダー先端には塗装にヒビ割れが有り

キー式スイッチ
左側クラッチレバー
右側フロントブレーキレバー
ドライサンプ式 オイルタンク(三角形)
Fフォークオイルは漏れます(構造上の理由)
リヤBはかかとで踏むタイプ、キックペダル固定式


キレイなシート
          タイヤ新品
  底面の黒い筒がサスペンション

 右チェンジ シーソー式

 雨天の撮影なので水滴が付いています
  GUZZI浮き彫り入りサイレンサー 


この車両はSOLDOUTです
バイク見聞録(本部)東京・千葉
TEL 080-5377-9414(イシイ)


Copyright (C) 2011 Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.