バイクリストへ戻る   運営者情報   

ラビット S301Bトルコン車 1957 年式

原付二種 自賠33年6月
走行
約32,000Km 備考 普段の足に使えるようにフルレストア済

長さ
mm
mm
高さ
mm
重量
kg
排気量
123cc

取材日2017年 2月

 オーナーさんは「ほぼレストア済」ということで、このラビットをオークションで落札しました。
トルコンオイル漏れありという事は聞いていて、おまけでトルコンの新品オイルシールとオイルをもらいました。

しかし、調子が悪く、走るたびにボルトやナットが落ちるし、ブレーキは効かないし、充電も怪しい状態。
毎日の足に使うつもりだったので、仕方なく手をかけることになりました。


そして6ヵ月間、総作業時間は数10時間と、10数万円を出費。
やっとまともになり乗り回していたそうです。


でも、浮気をしてS48を買ったそうです。そのS48は現在手を付けていて格闘中です。
そういうわけでS301は申し訳ない気持ちだけれども手放すそうです。


【主な修理内容】


電装に関して、現代の材料を使って作り直し。アースを各所に新設して、スイッチ、ライト類など全てオーバーホール。新しく配線図を作成してあるそうです、配線の色や太さ、コネクターは純正と異なります。
これらのおかげでライトが明るくなり、ホーンは大きな音量になり、ウインカーの動作が確実になりました。


レギュレーターオーバーホール。


バッテリーはYTX7Lを2個使用。


ブレーキシュー張り替え。フロントはドラムに合わせて旋盤で研磨。


トルコンオーバーホール、オイルシール交換。オイル新品に交換。


フロアマットを自作。(マットは純正も保管してある)


マフラーを焼いてカーボンを落としてから耐熱黒色塗装。


エアクリーナーを現代の材料で自作。


タイヤ新品に交換。


ボルト類の大部分をステンレス製に交換。


メーターはボロボロなので中古部品に交換、走行距離不明、積算計数字の日焼けの具合や各部の摩耗からして3万2千kmぐらいと思われるそうです。


エンジン始動はセル・キック共に良好だったので、パッキン類を交換したのみ。古い部品は保管してある。


他にもオークション等で集めたパーツを一緒に譲ってくれるそうです。


価格は、実費分の値段だけ、数十時間の手間は無償とのことです。


自賠責は5年契約して平成33年6月まで有効です。


現車確認、試乗は大歓迎します。


 ラビットが好きな人におすすめの1台です、なにしろオーナーさんはバイク旧車業界では知る人ぞ知るエンスーさんです。
 
 
 英語がネイティブなのでバイク趣味先進国の欧米から部品調達ができます、これほど心強い事はありません。日本語も堪能なバイク趣味人です。


車両は東京都にあります。
個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復暦などに関しては、バイク見聞録で裏づけを取ったものではありません。


                        30万円



動画を見るには中央の三角印をクリックして下さい。
エンジン音からも調子の良さが分かります。




動画を全画面で見るには、画面右下に現れる"設定"から"画質"HDを指定した後で"全画面"にします


・平成28年にフルレストア済です

・機関は良好、外見はまずまず良い

・燃料計も実働 混合ガソリンを使用します

・シート下のスペースもきれいです。

・自賠は平成33年6月まであります。

・8分山のタイヤはしばらく楽しめます。


大きな写真はこちらからダウンロードしてご覧下さい

(zip形式の圧縮ファイル、16MB)
「1702_rabbit.zip」ファイルをダウンロードする


この車両のお問い合わせは
バイク見聞録(本部)東京・千葉
TEL 080-5377-9414(イシイ)

またはEメール↓にて
バイク見聞録 車両問い合わせ


Copyright (C) Bike Kenbunroku. All Rights Reserved.